【エレコム HUGE 3年使用レビュー】最強のトラックボールだぞ

トラックボール

せろりんでーす。せろりんはトラックボールオタクなのでいろんなトラックボールを使っているんですが、メインで使っているのはELECOMのHUGE(M-HT1DRBK,M-HT1DRXBK)です。

2017年に買って3年くらい使って、いろいろ理解(わか)ってきたのでレビューを書きます。

エレコム HUGEってどんなトラックボール?

エレコム HUGEは2017年に発売されたトラックボールです。HUGEは「デカい」という意味ですが、その名の通りデカいです。肩にちっちゃいジープのせてんのかい!!!おい!!!!

見ての通り結構デカいです。ただしHUGEよりもデカいトラックボールはそこまで珍しくありません。

人気のある親指操作トラックボール M570(一番左の青い球)とは違って人差し指で操作するタイプです。

手首を乗せる部分がフカフカの素材になっているのも珍しい特徴の一つです。

HUGEの素晴らしい特徴の一つは多機能さです。トラックボールは構造上ボタン数が少なかったり、スクロールホイールにチルト機能(左右にスクロールする機能)が無かったり、なんだったらスクロールホイール自体が無かったりします。

どっこいHUGEは、8ボタン+チルトホイールというなかなかの高機能です。ボタンは多ければ多いほど良いです。

ボールのサイズは直径52mm、支持球はルビーです。

エレコム HUGEを名乗る無線トラックボールには、M-HT1DRBKとM-HT1DRXBKの2種類がありますが、どちらも同じ仕様の機種っぽいです。M-HT1DRXBKのほうが後に発売された機種です。恐らく型番が違うだけですね。

トラックボールやマウスの世界では、ロゴや定価を変えたいなどの思惑から型番だけ変えて新発売するという手法があります。

型番M-HT1DRXBK
メーカーエレコム
接続方式ワイヤレス/USBレシーバー(2.4GHz エレコム独自規格)
センサー光学式
支持球人工ルビー
ボール直径52mm
ボタン数8
チルト(横スクロール)あり
電源単三電池2本(1本でも動作可)
その他機能ポインタ速度切り替えスイッチ
本体重量約260g
保証期間6ヶ月

それじゃあレビューしていきましょう。

ボールがデカい!操球感が最高だぞ!

トラックボールのボールはデカければデカいほど良いです。で、HUGEは直径52mmという結構デカめのボールを搭載しています。

ボールがデカいので、細かい操作もトラックボールにしてはやりやすいです。

HUGEは人差し指トラックボールと呼ばれるジャンルのトラックボールですが、実際には人差し指だけで操作するわけではありません。人差し指、中指、薬指の3本と、時には小指まで使って操作します。

ボールが小さいとこうは行きません。ボールが小さいとせいぜい人差し指と中指くらいしかボールに乗っからないので、カーソル操作がイマイチやりにくいです。

一応言っておくと、ボールが小さいトラックボールはそれはそれで使いやすかったりします。たとえば、小さいボールは軽いので、素早い回転が可能です。クイックな操作感でそれはそれで使いやすいです。でもHUGEのような大玉のボールを指全体を使って転がす操球感の気持ちよさは他には代えられません。

さて、エレコムのトラックボールはボールの回転がイマイチな製品が多いです。

たとえばEX-G M-XT1なんてボールの回転が最悪で、細かい操作がめちゃくちゃやりにくい機種です。エレコムはそのへん手を抜きがちなのでHUGEがどうなのかは気になるところです。

そんでHUGEはどうなのかと言うと、そのへんはまったく問題ありません。Kensingtonの高級トラックボールほどヌルヌル動くわけでは無いですが、普通に使える水準です。十分問題ないレベルに仕上がっています。

ボタン配置は正直いいぞ!

トラックボールで重要なのはボタンの配置です。いくら8個のボタンが付いていても配置がクソだと押す気になれません。

どっこいHUGEはボタンの配置も結構いいです。ボールに手を乗せた状態で、すべてのボタンに手が届きます。特に、上の写真の2つのボタンはなかなかナイスです。薬指で押すことになるので若干の慣れは必要ですが、普通はマウス操作で薬指なんて使わないので、慣れるととても楽しい操作感です。

おそらくこの機種は往年の名機・トラックボールエクスプローラーの形状を参考にしているので、トラックボールエクスプローラーと似たような操作感です。

ただしボール横のFn1ボタンとFn2ボタンは、人差し指をかなり曲げないと押せないので、そこまで使いやすくもないです。

とはいえ、8ボタントラックボールにしてはかなり操作しやすいボタン配置だと思います。

耐久性はかなりいいぞ!

実は最近、3年前に買ったうちのHUGEちゃんがぶっ壊れてしまいました。ということで、このまえ新しいのを買いました。

3年でぶっ壊れたといっても、おれは1日10時間はパソコンを弄ってるゴリゴリのインターネット中毒です。そのくらいハードに使って3年持つんですから全く問題ないと思います。おれが3年も使えるのはマウスとしてはかなりタフなほうだと思います。

ちなみにぶっ壊れた箇所は、マイクロスイッチと呼ばれるクリックを検知する部品です。マイクロスイッチには寿命というものがあるのでいつかは壊れます。

HUGEはマイクロスイッチに天下のオムロン製スイッチを採用しています。このスイッチ部品はかなり品質の良いものなので、これが壊れるんだったらもうそれはしょうがないと思います。

スイッチ以外の箇所は全く不具合が無いので、やはりHUGEはかなりタフなトラックボールだと思います。

耐久性と言えば気になるのは手首を乗せるパームレスト部分のフカフカ素材です。

買ったばかりのときは「いやーこれ絶対やべえだろ、絶対すぐ表面がボロボロになってフカフカ感も無くなるぞ」と思っていたんですが、どうでしょう。写真で見ても新品とそこまで変わりません。表面はまったくボロボロになっていません。

3年経つとフカフカ感はさすがに少しだけ減っていますが、使用する上ではまったく問題のないフカフカ感を維持しています。汚れて変な匂いがするということもありません。ただ、フカフカ素材は夏にエアコンをつけないで使うとちょっと暑いです。エアコンをつけましょう。

スクロールホイールは現行機だとかなり良くなってるぞ!

3年前にHUGEを買ったときは、スクロールホイールがイマイチという感想でした。ホイールクリックが固すぎるんですよね。

ホイールクリックは使っているうちに徐々に柔らかくなってはいくんですが、最初のうちはかなりキツいです。ちなみにホイールは質感も微妙に安っぽく、全体的に品質がイマイチに感じていました。

で、この前買い替えたら、ホイールクリックの硬さがかなりマシになっていました。全然問題なく使えます。質感の安っぽさはありますが、そこは慣れるので問題ありません。

唯一の欠点だったホイールのイマイチさがかなり改善して、いよいよ最強のトラックボールになってしまった感じがします。

無線品質もヨシ!しっかりまとまったトラックボールだぞ

HUGEは単三電池2本で動きます。ただし1本だけでも動く謎仕様です。

それで、電池を2本入れた場合は3,4ヶ月くらい持ちます。バッチリの電池持ちです。

無線品質もかなり良いです。一昔前(といっても10年以上前ですが)のマウスは、無線ゆえのラグや瞬断がそれなりにありました。でもおれはこの機種でラグや瞬断を感じたことはありません。無線品質も良いです。

4000円前後というかなり安い価格でありながら、全体的に合格点を上回る品質です。


おれも20種類くらいトラックボールを使ってきましたが、メインで使ってるのはHUGEです。

トラックボールを持ち運びたい人や、ベッドで使いたい人にはちょっとデカすぎるかもしれませんが、デスクトップPCでどっしり構えて使いたい人には非常に良い機種だと思います。

廃盤にならないうちに買いだめしておこうかなーなんて思っているくらいです。

手が小さい人はエレコムの「DEFT」などを検討してみてもいいかもしれませんが、標準的な成人男性の手の大きさなら問題なく使えると思います。

関連記事

コメント